ラオスはどんな国

ラオスはどんな国?!と疑問を持っている方が少なくないでしょう。ラオスは自然が豊かな国、暮らす人々の心も豊かで、常に微笑みを絶やしません。

野生動物が多く、特に像。ランサン王国時代から「百万頭の像の国」とも呼ばれています。2015年ラオス・日本外交樹立60周年記念の年に、昨年ラオスからゾウ4頭が日本の動物園に送られてきたこともありました。

ラオスの正式名は「ラオス人民民主共和国」、東南アジアに位置する「共和制国家」です。

国土面積は236,800平方?。内陸国であり、「北に中国、西にミャンマーとタイ、東にベトナム、南にカンボジア」と国境を接する。首都はヴィエンチャン。東南アジアの国では唯一海に面していません。

では、ラオスの方はどんな料理を食べているか、気になりますよね!
実はラオスの食文化はタイ王国とすごく似ています。調味料もタイから輸入されるものも多いようです。

ちなみに、ラオスの代表的な料理は「ラープ」です。ラープとはラオス語で「幸運」という意味で、結婚式、新居祝い、出産祝いなどのお祝い事の時に欠かせない伝統料理です。現地に旅行しに行った日本人によると、大絶賛した方が多いようです。機会があれば、是非食べてみて下さい!